浜松市天竜壬生ホールで開催します

8月4日(日曜日)

浜松市天竜区にある天竜壬生ホールで

歌の愛好者で作る「花かんざし」さんが主催する

第二回元気と笑顔 花かんざし 夢舞台が開催されます

時間は9:00から18:00で 無料です

この日は歌と踊りのほか 地元の特産品の販売も行われ

私たち宮口マルシェの仲間も参加します

浜名湖のうなぎ、都田のハチミツ、

フルーツトマト、春野町のお茶などいろいろ出店しますので

すばらしい歌や 踊りを楽しみながら

地元の特産品も見ていただければと思います

地元の特産品ですので 旬のものが多数あります

歌と踊りと特産品で 目と耳と味覚等でも 夏を楽しんでみませんか?

————————————————————————————————

浜松市天竜壬生ホール

浜松市天竜区二俣町二俣20番地の2

駐車場有

浜松市天竜壬生ホールの地図です

3月の宮口マルシェ開催日のお知らせ

毎月1回開かれている宮口マルシェ
3月の開催日は19日(火曜日)です

この宮口マルシェにも マルシェ・ド・ソラモ同様に
いつも来ていただけるお客様も増え
記事にも取り上げてもらえるようになりました

3月も半ばともなれば 結構陽気も
春めいてきていると思います

春の陽気を楽しみながら
地元の生産者さんが出店する
野菜やお茶、蜂蜜等の農産物や雑貨
人気のブラジルコーヒーをお楽しみください

出店者一同 お待ちいたしております

キオスクでオリジナルバッグ取り扱い開始のお知らせ

この度 廣瀬工房オリジナルのデザインバックを
浜松駅コンコースにあるキオスクで
取り扱っていただけるようになりました

国産デニムを使用した
ショルダー、ポーチ、ポシェットやトートバッグなどに
かわいい にゃんこのデザインが描かれている人気の
にゃんこグッズです

浜松駅にお越しの際は 是非覗いてみてください

2月のマルシェ・ド・ソラモありがとうございました

一年で一番寒さが厳しく感じる2月

ここソラモ広場はビルとビルの谷間にあるため

ビルによって日差しが遮られるうえ

この地方特有の遠州の空っ風がビルの谷間を

吹き抜けるので よりいっそう2月の季節感を味わえます

冬らしい青空とアクト・シティー

完全防寒のお茶屋さん

山野草屋さん

八百屋さん

履物屋さん

オリジナルデザインの廣瀬工房

ソラモ全景

あまりにも寒いので 出店場の後ろにそれぞれ出店者の車を停めて 

交代で車にもぐり寒さをしのいだりしてます

そんな2月のマルシェ・ド・ソラモも無事に終えることができました

来月3月になれば 春の季節も味わえるとともに

マルシェ・ド・ソラモに並ぶ野菜や野草、履物等にも

春を感じるものが増えてくると思います

3月のマルシェ・ド・ソラモも是非お楽しみください

出店者一同 心よりお待ちしております

1月26日(土)のマルシェ

早いもので 1月も終盤になってきました
巷ではインフルエンザが警報レベルになっているとか
皆さん身近でのインフルエンザは大丈夫でしょうか?

こちらは1月26日:土曜日に開催された
マルシェ・ド・ソラモの様子です

天気がよかったので
日差しがあり、風がなければ ポカポカと
小春日和のよい天気なのですが
マルシェ・ド・ソラモが開催されている
ソラモ広場は周りが高い建物で囲まれているので

日差しが当らず 且つ ビル風が結構強いので
実際の気温よりも 体感する温度はかなり低く
じっとしていると 足元から 首周りから
寒さが容赦なく入り込んできて かなり寒い一日となりました

そんな寒い土曜日でしたが
多くの通り過がりの方達も 足を止めて話を聞いたり
商品を手にとって 説明を聞いたりしてくれました

八百屋さんでは 季節のみかんや落花生、ねぎ等々に人気が集まり

お茶屋さんでは 煎茶やほうじ茶が好評でした

そして植木屋さんでは 早春の山野草や
一緒に販売している干し柿も売れています

廣瀬工房ではこの時期の防寒着を
手に取る方が大半でした

平日開催が中心のマルシェ・ド・ソラモなので
土曜日は客層が異なり いつもとは勝手が違いましたが
それでも 多くの方達が足を止め 商品を
購入してくれました

次回のマルシェ・ド・ソラモは
1月の最終日の31日(木)、2月1日(金)となります

次回も元気に開催するので 近くにお越しの際は 是非お寄りください
出店者一同 心よりお待ちしております

今年もよろしくお願いします

2018年には無事に4周年を迎えられたマルシェ・ド・ソラモ

12月には記念となるイベントも開催され
地元の方達による歌や踊りも披露されました

写真はイベント中に 偶然テレビ東京の取材の方々が訪れ
レポーターの1人でもある やしろ優さんが踊りに参加された時の様子

このマルシェ・ド・ソラモも回を重ねることで 
よく立ち寄ってくれるお客様も増えてきました

三遠南信地区の農産物、水産品、工芸品、郷土加工品、
オリジナル雑貨などのPR活動、販売を旨とする 
このマルシェ・ド・ソラモ

季節ごとの旬な果物や野菜のみならず

山野草や地元ならではの美味しいお茶、

それぞれの地域で頑張っている 
こだわりの履物や オリジナルの創作服、お豆腐等々


個性豊かな出店が自慢でもあり 
人気の要因のひとつでもあります

このマルシェ・ド・ソラモも
今年2019年は5年目に突入です

今まで同様 お客様とのふれあいを大事にしながら
三遠南信地域の農水産物、加工品、工芸品などの情報を
発信していきたいと思います

今年もよろしくお願いいたします